コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルズーム でじたるずーむ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタルズーム

CCD(電荷結合素子)の中心部分の画像データだけを取り出してソフトウェア処理で視野角を調整するズームのこと。単純に周囲の画像データを切り捨て、中心部分を拡大しているにすぎないため、光学ズームに比べ解像度が低く、画像が粗くなる欠点がある。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

パソコンで困ったときに開く本の解説

デジタルズーム

デジタルカメラで被写体を拡大して撮影するズーム機能のひとつです。記録前の画像データに、カメラに内蔵されたプログラムによって拡大処理を施すことです。ズームレンズは不要ですが、細部がぼやけてしまいます。これに対し、CCDに入る前の像そのものをレンズで拡大することを「光学ズーム」といいます。こちらは細部まできちんと拡大されます。

出典 (株)朝日新聞出版発行「パソコンで困ったときに開く本パソコンで困ったときに開く本について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

デジタルズーム

 撮影画像の一部をデジタル処理で拡大し、あたかもレンズでズーミングしたように仕上げる機能。もともとの画像情報はそのままに、画像の周辺部をカットし、トリミングしただけなので、デジタルズーム画像の画質は粗くなってしまう(小さくなった画像を補間処理して実画像と同じ大きさに仕上げるカメラもあるが、いずれにしても実画像に比べ画質の低下は避けられない)。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android