コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デジタルPBX デジタルピービーエックス

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

デジタルPBX

PBX」のページをご覧ください。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

デジタルPBX
でじたるぴーびーえっくす
digital private branch exchange

デジタル化した構内電話交換機デジタルPBXは音声、データ、画像情報をデジタル方式で自動的一括処理するコンピュータ化された構内交換機で、インターフェースユニット(接続装置)を介して電話、パソコンファクシミリ、ホストコンピュータやデータ端末を一括接続してマルチメディア通信を行うことができ、ISDNサービス総合デジタル網)にも多重化装置を介して接続できる。この際、アナログ音声信号PBX本体の加入者回路でデジタル(PCM=Pulse Code Modulation)信号に変換している。また、デジタルPBXはマイコンで制御するため、電話をかける際にもっとも安い回線を探す、同時に電話がかかってきたときに優先順によって受け付けるなど、多くのサービスを付加することができる。デジタルPBXはアメリカにおいて1974年に登場し、1981年(昭和56)に日本電信電話NTT)が技術基準を制定してから日本に架設され始めた。LSI化が容易なことから小形・高性能化が進み、オフィスオートメーション化を進めている各職場に広く普及している。[岩田倫典]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

デジタルPBXの関連キーワードAsteriskIPセントレックス構内交換地上デジタルテレビ放送DPBXカトウトモタカソフトスイッチPBXトランク軍用爆薬