コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デトリタス detritus

翻訳|detritus

大辞林 第三版の解説

デトリタス【detritus】

海洋などの有機堆積物。プランクトンなどの死骸が海底にたまったもの。
岩屑がんせつ

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のデトリタスの言及

【海】より

…もちろん,この二つ以上の範疇に入るものや,中間的なものも多い。 海洋の生物は,例えば海水中では,サメ,クジラなどの大型の動物が,小型の魚類(イワシ,サンマ,イカなど)を食べ,小型魚類などは,橈脚類copepodaなどの動物プランクトンを食べ,動物プランクトンは植物プランクトンや,生物の死骸が分解する途中にできる生物残査(デトリタスdetritus)を食べるというように,高次消費者―二次消費者―一次消費者―生産者という食物連鎖関係で結び合った生物群集を構成している。海の基礎生産は,植物プランクトンと,海藻および顕花植物の海草の光合成によっている。…

【潮間帯】より

…また,海の動物のほとんどがえら呼吸を行うけれども,潮間帯にすむ生物の中には,湿った空気からも呼吸をすることのできるカニ類や,空気呼吸をする肺が発達した有肺類(軟体動物のうちイソアワモチ,カラマツガイなど)がいる。 潮間帯にすむほとんどの動物は,海水中の動植物プランクトンや有機物のくず(デトリタスdetritus)を,海水中からこし取って食べるろ過食者である。そのため,海水をかぶっていない時間は餌を食べることができない。…

【藻場】より

…褐藻類の場合,ウニ類,アワビ,サザエなどの巻貝類などが藻食性だが,アマモなどの海草の場合,無脊椎動物でこれを餌とするのはウニ類の一部などごくわずかで,むしろ水鳥,ウミガメ,海牛類(ジュゴン,マナティー)などの脊椎動物が食べる。したがって高生産がそのまま上の栄養段階へ移行する割合より,死んだり,いろいろな原因で切れたりしたものが海底で,あるいは浜に打ち上げられて分解され,デトリタスdetritus(生物体の破片などと,そこに繁殖している微生物を含めた有機物の総称)となってから,ここを出発点とした食物連鎖に組みこまれるもののほうが多い。したがって堆積物食性の底生生物が多い。…

※「デトリタス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

デトリタスの関連キーワードタイワンメナダフウライボラナンヨウボラセスジボラ有機堆積物ボラ(魚)オニボラ海洋学メナダコボラ海底海洋

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デトリタスの関連情報