コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕石 さいせきmacadam

翻訳|macadam

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砕石
さいせき
macadam

岩石,玉石,廃鉱石などの原石クラッシャー (破砕機) を使っていて小石状にしたもの。原石の相違によって,それぞれ岩砕,玉砕,鉱物砕と呼ばれる。砕石は砂利と合せて骨材と総称される。古くから道路用として広く用いられてきたが,第2次世界大戦後は鉄道の道床用にも使われるようになり,また砂利資源の不足に伴い,コンクリート用粗骨材や浄化槽のろ過層などにも使われるようになった。このうちコンクリート用砕石は日本工業規格 JISで品質が規定されているが,原石は玄武岩安山岩,硬質砂岩,硬質石灰岩などとなっており,砕くと扁平になるものや,軟らかい岩石は使用が禁じられている。川砂利に比べると形状が角張っており,コンクリートの施工性が劣るので,配合には注意が必要である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

さい‐せき【砕石】

[名](スル)
岩石を砕くこと。また、砕かれた石。「機械で砕石する」
役に立たない物事のたとえ。「砕石朽木(きゅうぼく)」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

砕石【さいせき】

岩石,玉石などをクラッシャーによって砕いた石。多く安山岩砂岩玄武岩などの岩石が使用され,コンクリートの骨材,道路や鉄道の道床に利用される。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

さいせき【砕石】

( 名 ) スル
大きい岩石をくだいて適当な大きさにすること。また、そのくだかれた岩石。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の砕石の言及

【砂利】より

…ふつう粒の大きさが5~60mm程度のものをいうが,それ以上で約300mm以下の大型のものを玉石(たまいし)cobbleと呼び,これも砂利に含めることがある。これらに対して岩石を人工的に破砕・整粒した人工の砂利,すなわち砕石(さいせき)があるが,ふつう砂利といえば天然のもののみを指す。しかし分類上の明確を期するために天然産のものを天然砂利,砕石を人工砂利とする。…

※「砕石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

砕石の関連キーワードほ装工事(建設業許可の一種)アスファルトコンクリート経皮的腎尿管結石破砕術経皮的腎結石砕石術経皮的腎結石破砕術コーンクラッシャーロールクラッシャーストーンウオッシュジョークラッシャーロードローラー砕石パイル工法大阪砕石工業所マッカダム道バラスト軌道東京石灰工業デトリタス散水ろ床法テラッツォテラゾー三好鉱山

今日のキーワード

ビットコイン

インターネット上で流通する仮想通貨の一。金融当局の規制を受けず、P2Pネットワークを通じて相手と直接取引を行う。2009年に開発され、世界各国で利用されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

砕石の関連情報