コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

砕石 さいせき macadam

翻訳|macadam

4件 の用語解説(砕石の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

砕石
さいせき
macadam

岩石,玉石,廃鉱石などの原石をクラッシャー (破砕機) を使って砕いて小石状にしたもの。原石の相違によって,それぞれ岩砕,玉砕,鉱物砕と呼ばれる。砕石は砂利と合せて骨材と総称される。古くから道路用として広く用いられてきたが,第2次世界大戦後は鉄道の道床用にも使われるようになり,また砂利資源の不足に伴い,コンクリート用粗骨材や浄化槽のろ過層などにも使われるようになった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

さい‐せき【砕石】

[名](スル)
岩石を砕くこと。また、砕かれた石。「機械で砕石する」
役に立たない物事のたとえ。「砕石朽木(きゅうぼく)」

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

砕石【さいせき】

岩石,玉石などをクラッシャーによって砕いた石。多く安山岩砂岩玄武岩などの岩石が使用され,コンクリートの骨材,道路や鉄道の道床に利用される。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

さいせき【砕石】

( 名 ) スル
大きい岩石をくだいて適当な大きさにすること。また、そのくだかれた岩石。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の砕石の言及

【砂利】より

…ふつう粒の大きさが5~60mm程度のものをいうが,それ以上で約300mm以下の大型のものを玉石(たまいし)cobbleと呼び,これも砂利に含めることがある。これらに対して岩石を人工的に破砕・整粒した人工の砂利,すなわち砕石(さいせき)があるが,ふつう砂利といえば天然のもののみを指す。しかし分類上の明確を期するために天然産のものを天然砂利,砕石を人工砂利とする。…

※「砕石」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

砕石の関連キーワード核原料物質クラッシャー原石咀砕機フラッシャークラッシークラッシャブルコーンクラッシャーロールクラッシャーインパクトクラッシャー

砕石の関連情報