コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デヒワーラマウントラビニア Dehiwala-Mount Lavinia

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デヒワーラマウントラビニア
Dehiwala-Mount Lavinia

スリランカ南西部の都市。コロンボ南方約 10km,インド洋にのぞむ。デヒワーラ,マウントラビニア,ガルキッサなどの町から成る連合都市で,コロンボ首都圏の一部をなす。同国有数の景勝地で,マウントラビニアは海岸保養地,デヒワーラは動物園で有名。コロンボのベッドタウンでもある。人口 19万 6000 (1990推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android