デフリント家(読み)デフリントけ

世界大百科事典 第2版の解説

デフリントけ【デフリント家】

ドイツの俳優の家系ドブリアンとも呼ばれる。フラマン系の出身。(1)ルートウィヒLudwig Devrient(1784‐1822) ベルリン宮廷劇場のすぐれた性格俳優として著名。ロマン的な独創性と強い個性のためにイギリスの俳優エドマンド・キーンとしばしば比較される。(2)エドゥアルトEduard D.(1801‐77) ベルリン,ドレスデンなどドイツの主要都市で俳優兼演出家あるいは劇場支配人として活躍。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android