気品(読み)きひん

精選版 日本国語大辞典「気品」の解説

き‐ひん【気品】

〘名〙 芸術作品や人の容貌・身のこなしなどについて、どことなく感じられる上品な様子。けだかい品位。品格。風格。
雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「俳優も教育を受て上等社会に交際し、自然に気品が高く」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

クアッド

《「クワッド」とも》多く複合語の形で用い、四つの、四倍の、などの意を表す。「クアッドプレー」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android