デレク リー(英語表記)Derrek Lee

  • 大リーグ

最新 世界スポーツ人名事典の解説

大リーグ選手
生年月日:1975年9月6日
国籍:米国
出生地:カリフォルニア州サクラメント
別名等:本名=Derrek Leon Lee
経歴:父は日本プロ野球界で活躍したレオン・リー。叔父のレロン・リーも元プロ野球選手。父のロッテ入団に伴い、1978〜87年の幼少時を日本で過ごす。’93年ドラフト1巡目全体14番目で大リーグのパドレスに入団。’97年4月メジャーデビュー。’98年マーリンズに移籍し、正一塁手となる。その後伸び悩むが、2000年28本塁打をマーク。2001年打率.282、158安打、75打点など4部門で自己最高を記録。2002年3年連続20本塁打をマーク。同年日米野球で来日。2003年31本塁打、92打点でリーグ優勝に貢献、世界一となった。2004年トレードでカブスに移籍。2005年オールスターに初出場。シーズンでは自己最多の46本塁打を放ち、打率.335でナリーグ首位打者を獲得。2009年35本塁打、自己最多の111点をマークした。2010年シーズン途中でマイナー3選手との交換トレードが成立してブレーブスに移籍し、地区シリーズ進出に貢献。300本塁打、1000打点も達成。2011年オリオールズを経て、シーズン途中でパイレーツ入り。首位打者1回(2005年)。一塁守備にも定評があり、ゴールドグラブ賞を3回(2003年,2005年,2007年)受賞。他にシルバースラッガー賞1回(2005年)、オールスター出場3回(2006〜2007年,2009年)。現役時代は196センチ、109キロ。右投右打。

出典 日外アソシエーツ「最新 世界スポーツ人名事典」最新 世界スポーツ人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

生年月日:1975年9月6日
アメリカの大リーグ選手

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
元大リーグ選手

国籍
米国

生年月日
1975年9月6日

出生地
カリフォルニア州サクラメント

本名
Lee,Derrek Leon

経歴
父は日本プロ野球界で活躍したレオン・リー。叔父のレロン・リーも元プロ野球選手。父のロッテ入団に伴い、1978〜87年の幼少時を日本で過ごす。’93年ドラフト1巡目指名全体14番目で大リーグのパドレスに入団。’97年4月メジャーデビュー。’98年マーリンズに移籍し、正一塁手となる。その後伸び悩むが、2000年28本塁打をマーク。2001年打率.282、158安打、75打点など4部門で自己最高を記録。2002年3年連続20本塁打をマーク。同年日米野球で来日。2003年31本塁打、92打点でリーグ優勝に貢献、世界一となった。2004年トレードでカブスに移籍。2005年オールスターに初出場。シーズンでは自己最多の46本塁打を放ち、打率.335でナリーグ首位打者を獲得。2009年35本塁打、自己最多の111点をマークした。2010年シーズン途中でマイナー3選手との交換トレードが成立してブレーブスに移籍し、地区シリーズ進出に貢献。300本塁打、1000打点も達成。2011年オリオールズを経て、シーズン途中でパイレーツ入り。首位打者1回(2005年)。一塁守備にも定評があり、ゴールドグラブ賞を3回(2003年,2005年,2007年)受賞。他にシルバースラッガー賞1回(2005年)、オールスター出場3回(2006〜2007年,2009年)。現役時代は196センチ、109キロ。右投右打。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android