コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

デンマーク音楽 デンマークおんがく

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

デンマーク音楽
デンマークおんがく

他のスカンジナビア諸国と同様,中世以来の古い歌謡は 12世紀以後フランスの影響を受けた。 16世紀になると長調や,スカンジナビア諸国共通の長7度をもつ短調のドイツ風民衆歌曲が多くなった。宗教改革以後コラールがデンマーク音楽の基礎となったが,16~17世紀の芸術音楽は,宮廷音楽家としての外国の作曲家が中心であった。自国の芸術音楽は,18世紀なかば J.シュルツらのオペラ活動に始り,盛んに民俗的ジングシュピールが作られ,D.F.クーラウの『エルベの丘』などが作曲された。 19世紀以後は,N.ガーデや C.ニールセンらの交響曲や P.クレーナウの活躍などがデンマーク音楽の躍進を支えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

デンマーク音楽の関連情報