トゥムクマケ山脈(読み)トゥムクマケさんみゃく(英語表記)Serra de Tumucumaque

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥムクマケ山脈
トゥムクマケさんみゃく
Serra de Tumucumaque

南アメリカ北部にある山脈。ブラジル=スリナム国境およびブラジル=フランス領ギアナ国境に沿って東西に連なる。トゥムクマケはブラジルでの呼称で,スリナムではトゥムクフマク山脈 Toemoek-Hoemak Gebergte,フランス領ギアナではトゥムクウマク山脈 Massif des Tumuc-Humacと呼ばれる。アラカイ山脈の東の延長で,アマゾン水系の北の分水界の一部をなす。全長約 300km,最高点は約 850m。スペイン植民地時代には伝説の黄金郷エルドラドがあるところと考えられていたが,20世紀まではほとんど未踏査で,1952年 F.マジエールが初めて山脈を横断,フランス領ギアナからブラジルに入った。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android