コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トゥングラワ州 トゥングラワTungurahua

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トゥングラワ〔州〕
トゥングラワ
Tungurahua

エクアドル中部の州。州都アンバト。アンデス山脈中に位置する山岳州で,アマゾン川水系のパタテ,チャンボ両川に集水される。住民はアンバト盆地に集中。その中心に位置するアンバトの周辺は果樹園地帯として知られ,リンゴ,ナシ,モモ,柑橘類などが栽培される。盆地を囲む山地の下部斜面ではトウモロコシ栽培と牧牛が盛んで,上部斜面ではコムギ,オオムギ,ジャガイモなどの栽培とヒツジの放牧が行われる。工業はアンバト周辺以外では未発達。州の西寄りを南北にパンアメリカン・ハイウェーと鉄道が通り,アンバトからはアンデスの東,アマソナス地方へ通じる道路が分岐する。面積 2896km2。人口 36万 1980 (1990) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android