コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トカト Tokat

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トカト
Tokat

トルコ中央北部の都市で,同名県の県都。港湾都市サムスンの南南東 120km,サムスン-シバスを結ぶハイウェー沿いに位置する。 11世紀以降,トルクメンセルジューク・トルコに支配され,1392年頃オスマン帝国領となった。 13世紀の神学大学,僧院などが残っている。果樹園耕地に囲まれた美しい町で,特産の銅器,なめし皮,捺染更紗などの産業がある。人口8万 3174 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トカトの関連キーワード聖ベネディクトペインテッド教会インジェカヤ水道橋聖カトリーヌ教会オンフルールアンカラの戦太宰治ジレ

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android