コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トムソンの原子模型 トムソンのげんしもけいThomson's atomic model

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トムソンの原子模型
トムソンのげんしもけい
Thomson's atomic model

1903年に J.トムソンが提唱した原子の模型。原子は直径が 10-10m 程度の球であり,そこに正電荷が一様に分布され,負電荷は小さい粒の形でその中にちりばめられ,全体として電気的に中性であると考える。この模型では,原子が線スペクトルを出すことは説明できたが,バルマー系列などの規則性は説明できなかった。ラザフォード散乱の実験により新しくラザフォードの原子模型が出現し,この模型は姿を消すことになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

トムソンの原子模型の関連キーワードラザフォード長岡 半太郎

今日のキーワード

裁量労働制

実際の労働時間がどれだけなのかに関係なく、労働者と使用者の間の協定で定めた時間だけ働いたと見なし、労働賃金を支払う仕組み。企業は労働時間の管理を労働者に委ねて、企業は原則として時間管理を行わないことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android