コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

正電荷 せいでんかpositive electric charge

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

正電荷
せいでんか
positive electric charge

正電気,陽電気陽電荷ともいう。正の値の電荷 (→電気量 ) 。陽子の電荷は正電荷である。 1733年フランスの C.F.デュ・フェは,摩擦電気による帯電が,絹布で摩擦したガラス棒に現れるものと,毛皮で摩擦した琥珀などの樹脂棒に現れるものと2種類に区別されることを見出し,前者をガラス電気,後者を樹脂電気と名づけた。その後ガラス電気は正電荷,樹脂電気は負電荷または陰電気と呼ばれるようになった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

正電荷の関連キーワードバン・デ・グラーフ起電機ラザフォードの原子模型レーナルトの原子模型ディラックの空孔理論ラザフォード原子模型トムソンの原子模型カルボニウムイオンリュードベリ補正ラザフォード散乱双極子モーメントマーデルンクの式カルボカチオンゼログラフィー長岡の原子模型クーロン障壁電気感受率パイロ電気イオン交換流動電位電気分極

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android