コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

中性 チュウセイ

デジタル大辞泉の解説

ちゅう‐せい【中性】

対立する二つの性質のどちらにも属さない中間の性質。
男性とも女性ともつかない性的状態。また、そのような人。「中性的な魅力の女優」
物質が酸性でもアルカリ性でもない性質を示すこと。水溶液中では水素イオン指数pHが7あたりのときをいい、青色リトマスも赤色リトマスも変色しない。
素粒子原子などが、陰の電荷も陽の電荷も帯びていない状態であること。電気的中性。
インド‐ヨーロッパ語などで、文法上の性の区分の一。男性にも女性にも属さないもの。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

中性【ちゅうせい】

(1)酸性でも塩基性でもないこと。水溶液では水素イオン濃度と水酸イオン濃度の等しい(すなわちpH7)場合をさす。(2)電気的には正にも負にも帯電していない状態をいう。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

岩石学辞典の解説

中性

溶液が酸性でもアルカリ性でもない時に用いる語である.中性岩(intermediate)のこと[Abich : 1841, Beaumont : 1847].

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

ちゅうせい【中性】

中間の性質。
性的特徴の現れ方が弱い男性あるいは女性。
〘化〙 酸性も塩基性も示さないこと。水溶液では水素イオンと水酸化物イオンが等しい濃度で存在し、pH は七となる。
全体として正の電荷も負の電荷も帯びていないこと。
文法上の性の一。男性・女性に対するもの。 →
間性かんせい」に同じ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典内の中性の言及

【間性】より

…中性ともいう。本来は雌雄異体もしくは雌雄異株の生物個体において何らかの原因によって,雌形質と雄形質が混在する現象。…

【性】より

…自然性sexと明確に区別するために文法性とも呼ばれる。 たとえばインド・ヨーロッパ語族では,男性―女性の2性に区別されるタイプ(フランス語,イタリア語,スペイン語など)と,男性―女性―中性の三つを区別するタイプ(ギリシア語,ラテン語,ドイツ語,ロシア語など)が広くみられ,セム語族には前者のタイプのみが存在する。文法性の区別がその起源において,生物―無生物,また自然性の区別と結びついていたことは確かであろうが,現今みられる組織においては,そこに必ずしも一致しない例が多くみられる。…

※「中性」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

中性の関連キーワードキーピング アイロン用スムーザーテラー‐リープ‐サイモンの定理ビグリーン とじノートスタイルケア服のミスト単相3線式配電方式ニュートラリーノ中性アミノ酸尿症ソープレスソープ中性アミノ酸尿中性水素ガス雲二十一センチ波中性アミノ酸ヒッグシーノフォティーノ第一種塩効果ダリッツの対電離水素領域中性水素領域ニュートラルBTB溶液

中性の関連情報