コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

模型 もけいmodel

翻訳|model

7件 の用語解説(模型の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

模型
もけい
model

既存の,あるいは計画予定の対象物 (実物) の立体的特性を明示するために,実物に似せて作ったもの。対象の特性を,視覚を通じてすみやかに伝達できる点に第一義的価値がある。模型は,学問,産業の各分野において,実験,展示,教育などの多様な用途をもつ実用的なものと,置物,あるいは製作過程を楽しむ人々の趣味の対象となるものとに大別される。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ぼ‐けい【模型】

もけい(模型)

も‐けい【模型】

実物の形に似せて作ったもの。「機関車の模型
鋳造のための原型。鋳型(いがた)。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

もけい【模型】

実物に似せてつくったもの。船体の形を決めるために水槽試験に用いる船体模型,完成時の姿を見せるための建築模型,あるいは自動車などのデザインの原型となる粘土模型(クレーモデル)などもあるが,ここでは趣味としての模型をあつかう。 一般におもちゃ多少とも実物を模倣したものであり,人形もその一つであるが,模型という言葉には,精巧な,メカニカルなものというひびきがある。16~17世紀のドイツを起源とする〈人形の家doll’s house〉は,細密に仕上げた屋内に,小さな人形や家具,道具類を配置して楽しむもので,模型に含まれるであろう。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

模型
もけい
model

実物の形を模してつくったもの。多くは実物を縮小してつくった雛型(ひながた)で、玩具(がんぐ)から建築見本まで、さまざまな用途につかわれる。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

図書館情報学用語辞典の解説

模型

見た目を実物に似せて,三次元的に造形したもの.実物に忠実な写実的なものだけでなく,わかりやすくするために単純化したり一部を誇張したりして表現したものも含む.原寸大のもののほかに,拡大あるいは縮小したものもある.地形を立体的に表現した地形模型は,特にジオラマ呼ばれる

出典|図書館情報学用語辞典 第4版
図書館情報学用語辞典について | 情報

世界大百科事典内の模型の言及

【モデル】より

…人は,この意味でのモデルに基づいて,何かを作るわけである。いま一つは,プラスチックモデルで代表されるようなモデルであり,これはいわば〈模型〉としてのモデルである。この場合には,人は,何かに対してそのモデルを作るわけである。…

※「模型」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

模型の関連情報