コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランシーバ とらんしーば

2件 の用語解説(トランシーバの意味・用語解説を検索)

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トランシーバ

データ通信の中継器Ethernetなどの同軸ケーブルを使ったデータ通信で、コンピューターとネットワークケーブルなどの間で中継を行う機器。送信機(Transmitter)と受信機(Receiver)の用語を組み合わせた合成語。無線通信機器送信機と受信機が1つに組み込まれている無線通信機器。古くから利用されているアナログ無線のひとつ。送信機(Transmitter)と受信機(Receiver)の用語を組み合わせた合成語。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トランシーバ
トランシーバ
transceiver

送信機と受信機を1台の装置に組込んだ簡易無線通信機。近距離用に使う市民バンドの携帯無線機には 27MHzの波長が割当てられている。市街地で約 1km,郊外なら4~5kmが通話可能で,会社の業務連絡や娯楽用にも広く利用されている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランシーバの関連キーワード赤外線通信PIAFS中継HSUPA電灯線データ通信電力線データ通信データARPUデータ通信事業モバイルデータ通信データ通信端末

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

トランシーバの関連情報