トランスチレチン

栄養・生化学辞典の解説

トランスチレチン

 トランスサイレチンとも読み,チロキシン結合プレアルブミン,高トリプトファンプレアルブミン,プレアルブミンともいう.チロキシンを結合する活性をもつタンパク質.分子量5.5kの糖タンパク質で,血漿中のチロキシンの約10%,トリヨードチロニンの約30%が結合している.代謝回転率が高いことから,タンパク質欠乏などに早く反応して血中濃度が減少するので,タンパク質の栄養状態の判定に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android