コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスチレチン

1件 の用語解説(トランスチレチンの意味・用語解説を検索)

栄養・生化学辞典の解説

トランスチレチン

 トランスサイレチンとも読み,チロキシン結合プレアルブミン,高トリプトファンプレアルブミン,プレアルブミンともいう.チロキシンを結合する活性をもつタンパク質.分子量5.5kの糖タンパク質で,血漿中のチロキシンの約10%,トリヨードチロニンの約30%が結合している.代謝回転率が高いことから,タンパク質欠乏などに早く反応して血中濃度が減少するので,タンパク質の栄養状態の判定に使われる.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

トランスチレチンの関連キーワードサイロキシンチロキシングリシンヒドロキシメチルトランスフェラーゼセリンヒドロキシメチルトランスフェラーゼ全トランスレチナールチロキシン結合グロブリンチロキシン結合プレアルブミンチロシンヒドロキシラーゼテトラヨードチロニンチロキシン (thyroxine)

今日のキーワード

ワールド・ベースボール・クラシック

メジャーリーグ機構、メジャーリーグ選手会が音頭をとってスタートした野球の世界一決定戦。2006年の第1回は16カ国が参加。4組に分かれて1次リーグを行い、各上位2カ国が米国に移って2リーグの2次予選、...

続きを読む

コトバンク for iPhone