コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスチレチン

栄養・生化学辞典の解説

トランスチレチン

 トランスサイレチンとも読み,チロキシン結合プレアルブミン,高トリプトファンプレアルブミン,プレアルブミンともいう.チロキシンを結合する活性をもつタンパク質.分子量5.5kの糖タンパク質で,血漿中のチロキシンの約10%,トリヨードチロニンの約30%が結合している.代謝回転率が高いことから,タンパク質欠乏などに早く反応して血中濃度が減少するので,タンパク質の栄養状態の判定に使われる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

トランスチレチンの関連キーワードアルブミン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android