コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トランスファージェット TransferJet

デジタル大辞泉の解説

トランスファージェット(TransferJet)

近接無線通信技術の一。ソニーが開発したもので、通信距離は約3センチメートル、最大通信速度は560Mbps。携帯電話、デジタルカメラデジタルビデオカメラなどを、パソコンオーディオ機器の通信部分にかざすだけで大容量のデータを高速転送することができる。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トランスファージェット
とらんすふぁーじぇっと

ソニーが開発した近接無線転送技術の一つ。TransferJetと表記する。簡単な操作での高速転送が特徴である。仕様は、中心周波数帯が4.48ギガヘルツ、転送速度は理論値で最大毎秒560メガバイト・実効レート最大毎秒375メガバイト、通信距離は数センチメートル以内。
 対応機器どうしを近づけて直接かざすことで通信を行うため、複雑な接続設定やアクセスポイントが不要である。通信距離がきわめて短いことでデータ漏洩(ろうえい)などの危険性が低く、むずかしいセキュリティ設定などが要らない。また、出力電波が微弱なため、他の無線システムなどに干渉することがほとんどない。携帯電話とパソコン、携帯電話どうしの直接通信などが想定されている。ソニー、キヤノン、カシオ計算機などの企業が参加するTransferJetコンソーシアムが設立され、規格策定、相互接続検証、普及促進活動などを行っている。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

トランスファージェットの関連キーワード最大通信速度

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

トランスファージェットの関連情報