トリチオヒ(Ⅲ)酸塩(読み)トリチオヒサンエン

  • trithioarsenite(Ⅲ)

化学辞典 第2版の解説

Asのチオ酸塩は,普通はM3AsS3のいわゆるオルト塩であるが,そのほか,MAsS2(メタ酸塩),M4As2S5などのポリ酸型構造のものも知られている.天然に,淡紅銀鉱(proustite)Ag3AsS3として産出する.アルカリ金属,アルカリ土類金属の塩は,各金属の硫化物とAs2S3との反応で得られ,ほかの重金属塩はアルカリ金属塩から複分解反応でつくられる.淡紅銀鉱などでは,三方すい型のAsS33-イオンを含む.アルカリ金属,アルカリ土類金属の塩は,いずれも水に可溶.酸を加えると,H2Sを発生してAs2S3を沈殿する.[CAS 16894-55-6:Na3AsS3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android