コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

淡紅銀鉱 たんこうぎんこうproustite

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

淡紅銀鉱
たんこうぎんこう
proustite

Ag3AsS3 。三方晶系の鉱物。硬度2~2.5,比重 5.57。深紅色ないし朱色で,金剛光沢,半透明。三方錐を両端に有する柱状結晶。濃紅銀鉱との間に連続固溶体を形成するが,天然に産するものはいずれも端成分に近い組成をもっていて,中間的組成のものがない。各種熱水性銀鉱床に産するが,濃紅銀鉱よりも産出はまれである。 proustiteはフランスの化学者 J.プルーストにちなんで命名。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

淡紅銀鉱
たんこうぎんこう
proustite

銀を主成分とする硫塩鉱物の一つ。黄粉銀鉱xanthoconiteとは同質異像関係にあり、おそらくその高温相に相当する。各種熱水鉱脈鉱床中に産し、脈石鉱物として石英のほかに炭酸塩鉱物を含むことが多い。肉眼ではそのアンチモン置換体である濃紅銀鉱と区別しがたい。まれに六角柱状の自形をなすことがある。日本では栃木県塩谷(しおや)郡栗山村(現、日光(にっこう)市)西沢鉱山の銀鉱石中から最初に発見され、その後兵庫県生野(いくの)鉱山からも発見された。[加藤 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の淡紅銀鉱の言及

【銀鉱物】より

…銀を数%以上含む鉱物は約60種知られている。重要な銀鉱物としては,自然銀native silver Ag,輝銀鉱argentite Ag2S,角銀鉱cerargyrite AgCl,ナウマン鉱naumannite Ag2Se,安銀鉱dyscrasite Ag3Sb,ジャルパ鉱jalpaite Ag3CuS2,硫ゲルマン銀鉱argyrodite Ag8GeS6,硫シャク(錫)銀鉱canfieldite(別名,カンフィールド鉱) Ag8SnS6,ゼイ(脆)銀鉱stephanite(別名,ゼイ安銀鉱) Ag5SbS4,濃紅銀鉱pyrargyrite Ag3SbS3,淡紅銀鉱proustite Ag3AsS3,雑銀鉱polybasite(別名,輝安銅銀鉱) (Ag,Cu)16Sb2S11,ヒ(砒)雑銀鉱arsenpolybasite (Ag,Cu)16As2S11,ヘッス鉱hessite(別名,ヘッサイト,テルル銀鉱)Ag2Teなどがある。このほか四面銅鉱や方鉛鉱には銀を含むものがあり,鉱床内に多産する場合にはシルバーキャリアとして重要視される。…

※「淡紅銀鉱」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

淡紅銀鉱の関連キーワード淡紅銀鉱(データノート)アギラル鉱ピアス鉱銀鉱物

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android