コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

硫化物 りゅうかぶつ sulfide

翻訳|sulfide

5件 の用語解説(硫化物の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

硫化物
りゅうかぶつ
sulfide

硫黄とそれよりも陽性の元素との化合物の総称。金属元素あるいは非金属元素との化合物のほか,各種無機あるいは有機の基と硫黄の化合物,さらに硫化水素化物,多硫化物などがある。金属硫化物は,金属と硫黄の直接反応,金属の酸化物あるいは水酸化物と硫化水素または硫黄との反応,金属塩水溶液に硫化水素を通すことで得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

りゅうか‐ぶつ〔リウクワ‐〕【硫化物】

硫黄と、それよりも陽性の元素との化合物。天然に鉱物として広く存在し、硫黄あるいは重金属の原料。多くは酸により分解して硫化水素を発生する。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

硫化物

 FeS,CuSなど,一般式MxSで表される化合物の総称.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

りゅうかぶつ【硫化物】

硫黄とそれよりも陽性の元素との化合物の総称。天然に広く分布する。酸を加えると、多くの硫化物は分解して硫化水素を発生する。金属の硫化物は、それら金属の原料となる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

硫化物
りゅうかぶつ
sulfide

硫黄(いおう)と、それよりも陽性の元素との化合物の総称。ほとんどすべての金属およびいくつかの非金属、たとえばホウ素、ケイ素、炭素、アンチモン、ヒ素、リン、窒素、水素などとの化合物が知られる。
 硫黄の水素酸すなわち硫化水素酸H2Sは二塩基酸なので、金属の硫化物には酸性塩MIHSと正塩MI2Sとがある。酸性塩は水に溶けるが、正塩はアルカリ金属の化合物以外はすべて難溶ないし不溶である。水溶液は加水分解により強いアルカリ性を示す。重金属の硫化物はすべて難溶で、特有の色があり、なかには半導体としての性質をもつものもある。これらは空気中で強熱すると酸化されて硫酸塩あるいは酸化物になる。また酸を加えると、多くの硫化物は分解されて硫化水素H2Sを発生する。
 天然には硫化鉱物、閃(せん)亜鉛鉱ZnS、黄鉄鉱FeS2、方鉛鉱PbS、磁硫鉄鉱Fe1-xS、黄銅鉱CuFeS2その他多くのものがあり、重要な鉱物資源となっている。
 非金属の硫化物には、硫化水素、二硫化炭素CS2、二硫化ケイ素SiS2、硫化窒素N2S4,N4S4,(NS)n、硫化リンP4S10、硫化ヒ素As2S2,As2S3などがある。このうち硫化水素が常温で気体、二硫化炭素が液体であるが、他は固体である。固体は一般に水と熱すると加水分解してオキソ酸となりやすい。[中原勝儼]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

硫化物の関連キーワードアゾ化合物元素分析臭化物親気元素土類金属ハロゲン化物硫化窒素硫化サルファイド弗化物

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

硫化物の関連情報