コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリバネチョウ(鳥羽蝶) トリバネチョウ

百科事典マイペディアの解説

トリバネチョウ(鳥羽蝶)【トリバネチョウ】

鱗翅(りんし)目アゲハチョウ科キシタアゲハ群の総称。中国南西部,台湾,インド〜オーストラリアに20余種あるが,大型美麗種の大部分ニューギニアとその周辺の島々に集中。アレクサンドラトリバネアゲハは開張250mm,世界最大のチョウとして知られる。この類の幼虫はウマノスズクサ類を食べ,成虫は黒色,後翅はふつう金色であるが,金緑,青,だいだい色の美しい種類も少なくない。ジャングルの梢を鳥のように飛ぶのでこの名がある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

スタットキャスト

大リーグの全30球場に高精度カメラやレーダーを設置し、ボールや選手の動きを細かく分析。走攻守全てで、これまで分からなかったデータを解析し、試合やチーム作りに生かせる。例えば投手では、投げる球種の回転数...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android