コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

チョウ チョウ Argulus japonicus; carp-louse

2件 の用語解説(チョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

チョウ
チョウ
Argulus japonicus; carp-louse

顎脚綱鰓尾目チョウ科 Argulidae。コイ,キンギョなどの淡水魚の体表につく寄生虫。体長 5mm。体は長円形で扁平で,鱗のように見える。腹面にある吸盤とかぎ(鉤)で魚の体表に密着し,吻を刺して宿主の組織液や血液を吸うが,宿主から離れて 4対の付属肢で自由に泳ぐこともできる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

チョウ
チョウ
Chhau

東インドの仮面舞踊劇。ウェストベンガル州プルーリアミドナプルビハール州セライケラ,オリッサ州バリパーダで演じられる。これらの地域はそれぞれ 100kmと離れてはいないが舞踊形態はかなり異なり,特に農民の演じるプルーリアのチョウと,王族の演じるセライケラのチョウは,あらゆる面で対照的である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

チョウの関連キーワードベンガル文学新舞踊劇ベンガル分割令ベンガル山猫東インドベンガルールウエストベンガル西ベンガルトペンウェストランド種 (Westland)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

チョウの関連情報