コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

島々 しましま

4件 の用語解説(島々の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

島々
しましま

長野県中西部,松本市西部の飛騨山脈東斜面にある集落。梓川とその支流島々谷川との合流点にある谷口集落で,周辺部の商業の中心地。近世は飛騨街道 (野麦街道) が通り,また 1933年上高地への自動車道が開通するまでは徳本 (とくごう) 峠を越えて槍ヶ岳方面に向かう登山路の入口にあたった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

島々【しましま】

長野県西部,南安曇(みなみあずみ)郡安曇村(現・松本市)の中心集落。梓(あずさ)川と島々谷の合流点にあり,上高地観光の基地として知られる。松本電鉄線の終点新島々駅が梓川対岸の波田(はた)町(現・松本市)にある。
→関連項目梓川

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

島々
しましま

長野県中西部、松本(まつもと)市安曇(あずみ)地区の中心集落。梓川(あずさがわ)渓谷の出口にあたり、近世は飛騨(ひだ)へ通じる野麦街道に沿い番所が置かれた。1933年(昭和8)上高地への車道が完成するまでは北アルプスへの登山口であった。[小林寛義]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の島々の言及

【安曇[村]】より

…集落は梓川沿いと乗鞍高原に点在し,国道158号線などにより結ばれる。島々をはじめとする集落は,江戸時代には松本藩の藩有林における杣業,製炭業を生業としていたが,大正期以降,村内各所に発電所が建設され,発電所従事者が増えた。1969‐70年の奈川渡ダム,水殿ダム,稲核(いねこき)ダムの完成とともに道路整備が進展し,観光開発が進んだ。…

※「島々」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

島々の関連情報