コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリプトファン製剤 トリプトファンせいざい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリプトファン製剤
トリプトファンせいざい

必須アミノ酸の一つで,輸液,栄養補給剤として使用されている。欧米では睡眠導入などの精神安定効果のある薬としても使われている。このほか,飼料添加物としても利用され,肉質改善や家畜の鎮静効果があるとされている。世界各国で供給されるトリプトファン製剤の原末の大半は,日本のメーカーが生産したもの。 1989年,アメリカでトリプトファン製剤を大量に摂取していた人が好酸球性筋症候群という疾患で死亡したことから,トリプトファン製剤の安全性に疑惑が生じている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トリプトファン製剤の関連キーワード好酸球性筋膜炎

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android