コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トルラーヌム Trullanum (concilium); concilium in Trullo

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トルラーヌム
Trullanum (concilium); concilium in Trullo

トルルス Trullusと呼ばれたコンスタンチノープルの宮殿の円天井の間で開かれた教会会議の総称。1回目は 680年の第3回コンスタンチノープル公会議,2回目は 692年の教会会議をさす。後者はクイニセクスト (第5,第6の意) 会議ともいわれ,ともにコンスタンチノープルで開かれた第5回および第6回公会議 (第2,第3回コンスタンチノープル公会議) を補足する議決が東方教会の主教たちによってなされたが,西方教会は承認していない。この会議は東西両教会の相違を浮き立たせるものとなった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

トルラーヌムの関連キーワードセルギウス1世ヨハネス7世

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android