相違(読み)ソウイ

デジタル大辞泉 「相違」の意味・読み・例文・類語

そう‐い〔サウヰ〕【相違】

[名](スル)二つのものの間にちがいがあること。「事実相違がある」「案に相違する」
[類語]違い差異異同誤差小異大差同工異曲大同小異分かち格差落差開き隔たり懸隔僅差個人差不一致異質ギャップ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「相違」の意味・読み・例文・類語

そう‐いサウヰ【相違・相異イ】

  1. 〘 名詞 〙 ( 形動 ) 二つの間に差があり同じでないこと。また、そのさま。ちがい。差異。
    1. [初出の実例]「心行相違、徒深費労」(出典:三教指帰(797頃)中)
    2. 「日来(ひごろ)支度相違して、気を損じ色を失てぞ居たりける」(出典太平記(14C後)三八)
    3. 「操業状態の相異に拘はるのであって」(出典:女工哀史(1925)〈細井和喜蔵〉一六)
    4. [その他の文献]〔漢書‐王嘉〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

普及版 字通 「相違」の読み・字形・画数・意味

【相違】そうい

たがいにたがう。

字通「相」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android