トレド会議(読み)トレドかいぎ

世界大百科事典 第2版の解説

トレドかいぎ【トレド会議】

西ゴート族支配下のスペインの首都トレドで,702年までに18回開かれた教会会議。第1回はまだローマ時代の397‐400年に開かれ,プリスキリアヌス主義が弾劾された。第3回(589)は,それまでアリウス主義を奉じていた西ゴート王レカーレドカトリックに改宗した会議として知られるが,この第3回よりトレド会議は西ゴート王国政治機構の一つとなり,世俗的問題も討議されることになった。第4回(633)はセビリャイシドルスが主宰し,第12回(681)はトレド大司教座のスペインにおける首位権を確定した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

終末時計

アメリカの科学雑誌『ブレティン・オブ・ジ・アトミックサイエンティスツ』が毎号表紙に掲げている「地球最後の日」までの時間を表示する時計。核戦争の危機を訴え,1947年に初めて登場。米ソ冷戦の終結を迎えて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android