コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

政治機構 せいじきこう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

政治機構
せいじきこう

政治権力と政治機能を媒介する構造的枠組み。広くとらえれば,アリストテレスが定式化した君主制,貴族制,民主制,それらの堕落形態である僭主制寡頭制,衆愚制という国制の6分類などがある。政治機構は各国の政治文化,歴史などの相違によってさまざまな形態をとるが,今日ほとんどの国においては,憲法や各種の法律に規定されており,議院内閣制大統領制,一党独裁制,あるいは代表制民主主義ファシズム共産主義などの分類がなされている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

政治機構の関連キーワードホセ バジェ・イ・オルニェス内管領(うちかんれい)モーリー‐ミントー改革ハットゥシリシュ3世セソストリス3世ヘラクリウス1世オレンジ自由国国際圧力団体ポツダム協定タンジマートキュロス2世ニャキュサ族デュベルジェ比較政治学ハンブルク南北朝内乱トレド会議ベントリー清国行政法植民地政策

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

政治機構の関連情報