トーンジャンプ(読み)とおんじやんぷ

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

トーンジャンプ

画像の中に階調の連続性がなくなって、部分的に境界ができ縞模様が見えてしまう状態。とくに空や肌などの微妙なグラデーション部分で目立ちやすい。スキャナーに問題のある場合や、極端な補正を画像に加えた場合などに起りやすい。ヒストグラムを確認すると櫛の歯のように階調が抜けているのがわかる。【同】階調反転

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

カメラマン写真用語辞典の解説

トーンジャンプ

tone jump。階調飛び。画像描写でハイライト部からシャドー部までのなだらかな階調再現力がなくなり、部分的に境界ができて縞模様や帯のようなものが見えてしまう状態。とくに空や人肌などの微妙なグラデーション部分で目立ちやすい。撮影画像に過度な加工補正をしたときなどに起こりやすい。 ヒストグラム表示 をチェックしてみると、山のカタチが櫛(クシ)の歯のようになっていることからそれがわかる。

トーンジャンプ

 本来は滑らかな色や明るさのグラデ-ション(階調)があるのに、その色や明るさの変化が連続性を欠いた“段々”に再現されてしまうこと。階調表現が悪いカメラで撮影した場合やレタッチ処理によって画質が劣化した場合などに見られる。 ヒストグラム を見ると一目瞭然。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android