ドイツアザミ(読み)どいつあざみ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドイツアザミ
どいつあざみ

アザミCirsium japonicum DC.を改良した園芸品種の総称。ハナアザミともいう。名にドイツを冠しているのは、外来種と思わせるためで、ドイツとは関係がない。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のドイツアザミの言及

【アザミ(薊)】より

…頭花は淡紅紫色のものが多いが,白色のものもある。頭花が大きく,紅色や紫紅色または濃紫色のものを選び栽培したハナアザミ(ドイツアザミ)は,切花としてよくつかわれている。また中国では全草を薬用にし,肺結核,高血圧などに効果があるといわれる。…

※「ドイツアザミ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

熱射病

高温多湿下の労働時に外界への熱放散が困難なために発病する疾患をいい、現在では日射病とともに高温障害の一病型とされている。[重田定義][参照項目] | 高温障害...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android