コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレアザミ Carduus crispus L.

世界大百科事典 第2版の解説

ヒレアザミ【Carduus crispus L.】

茎にがあるところからヒレアザミと名づけられているが,アザミCirsiumと違って,冠毛は羽毛状ではない(イラスト)。山麓野原,川の堤防や道端に生えるキク科越年草は直立して,高さ1m内外,縦に2条の翼をつける。翼にもとげがある。葉は互生し,羽状に中~深裂して縁にはとげがある。葉の裏面は初め白いくも毛でおおわれている。花期は5~7月。枝の先に頭花をつける。小花はすべて同形で両性花冠は紅紫色,まれに白色。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレアザミ
ひれあざみ / 鰭薊
[学]Carduus crispus L.

キク科の越年草。茎は高さ約1メートル。葉はアザミ類に似て鋸歯(きょし)と刺(とげ)があり、茎に沿下して翼となる。翼は縁(へり)に鋸歯があり、先は刺になる。5~7月、アザミ類に似た頭花をつける。冠毛は多数でざらつくが、アザミ類と異なり、羽毛状ではない。堤防や路傍に生え、本州から九州、およびアジアからヨーロッパに広く分布する。名は、アザミに似ているが、茎に沿下した翼を鰭(ひれ)に見立てたもの。[小山博滋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android