コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ヒレアザミ Carduus crispus L.

2件 の用語解説(ヒレアザミの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ヒレアザミ【Carduus crispus L.】

茎に翼があるところからヒレアザミと名づけられているが,アザミCirsiumと違って,冠毛は羽毛状ではない(イラスト)。山麓や野原,川の堤防や道端に生えるキク科の越年草。茎は直立して,高さ1m内外,縦に2条の翼をつける。翼にもとげがある。葉は互生し,羽状に中~深裂して縁にはとげがある。葉の裏面は初め白いくも毛でおおわれている。花期は5~7月。枝の先に頭花をつける。小花はすべて同形で両性。花冠は紅紫色,まれに白色。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ヒレアザミ
ひれあざみ / 鰭薊
[学]Carduus crispus L.

キク科の越年草。茎は高さ約1メートル。葉はアザミ類に似て鋸歯(きょし)と刺(とげ)があり、茎に沿下して翼となる。翼は縁(へり)に鋸歯があり、先は刺になる。5~7月、アザミ類に似た頭花をつける。冠毛は多数でざらつくが、アザミ類と異なり、羽毛状ではない。堤防や路傍に生え、本州から九州、およびアジアからヨーロッパに広く分布する。名は、アザミに似ているが、茎に沿下した翼を鰭(ひれ)に見立てたもの。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ヒレアザミの関連キーワード呉器吐月峰野薊森薊大薊牛蒡薊隅斗鰭薊鰭足鷸

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ヒレアザミの関連情報