ドゥバイタ(英語表記)dvaita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥバイタ
dvaita

インド哲学用語。二元論。 12~13世紀の哲学者マドバの唱えた多元論的実在論をいう。最高神も多数の個我も物質世界もすべて真実の実在者であり永遠不滅であるが,それらは互いに異なったものであるとし,別異性が事物の本質であるという説。そして最高神ビシュヌは独立であり,個我はそれに依存しているとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android