コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドゥバイタ dvaita

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ドゥバイタ
dvaita

インド哲学用語。二元論。 12~13世紀の哲学者マドバの唱えた多元論的実在論をいう。最高神も多数の個我も物質世界もすべて真実の実在者であり永遠不滅であるが,それらは互いに異なったものであるとし,別異性が事物の本質であるという説。そして最高神ビシュヌは独立であり,個我はそれに依存しているとした。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android