事物(読み)ジブツ

デジタル大辞泉の解説

じ‐ぶつ【事物】

さまざまな事柄や物。「事」に重点の置かれる「物事」に対して、「物」に重点が置かれる。
訴訟にかかわる事件とその目的物

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じぶつ【事物】

ものごと。 「具体的な-につき詳しく考察する」
〘法〙 事件と、その目的物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

じ‐ぶつ【事物】

〘名〙
① (人間が作り出した)さまざまな事やもの。ものごと。
※史記抄(1477)一一「宮商角徴羽の五音に君臣民事物に合て楽をするぞ」
※山鹿語類(1665)二一「事物の用、各々其の理を究め其の実を詳にし」 〔阮籍‐詠懐詩〕
② 法律で、事件とその目的物をいう。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

バンクシー

英ロンドンを中心に活動する覆面アーティスト。世界各地の街に現れて建物の壁などに社会風刺的なグラフィティアートを描くなど、ゲリラ的なアート活動を行っている。2005年に自身の作品を世界各国の有名美術館に...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事物の関連情報