事物(読み)ジブツ

大辞林 第三版の解説

ものごと。 具体的な-につき詳しく考察する
事件と、その目的物。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① (人間が作り出した)さまざまな事やもの。ものごと。
※史記抄(1477)一一「宮商角徴羽の五音に君臣民事物に合て楽をするぞ」
※山鹿語類(1665)二一「事物の用、各々其の理を究め其の実を詳にし」 〔阮籍‐詠懐詩〕
② 法律で、事件とその目的物をいう。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

妨害運転罪

2020年に施行された改正道路交通法で新設された罰則。他の車の通行を妨げる目的で、車間距離の不保持、急ブレーキ、幅寄せや蛇行運転、対向車線からの接近や逆走をするなどの10の違反行為を妨害運転と定義して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

事物の関連情報