事物(読み)じぶつ

精選版 日本国語大辞典「事物」の解説

じ‐ぶつ【事物】

〘名〙
① (人間が作り出した)さまざまな事やもの。ものごと。
※史記抄(1477)一一「宮商角徴羽の五音に君臣民事物に合て楽をするぞ」
※山鹿語類(1665)二一「事物の用、各々其のを究め其の実を詳にし」 〔阮籍‐詠懐詩〕
② 法律で、事件とその目的物をいう。〔現代大辞典(1922)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「事物」の解説

じ‐ぶつ【事物】

さまざまな事柄や物。「事」に重点の置かれる「物事」に対して、「物」に重点が置かれる。
訴訟にかかわる事件とその目的物。
[類語]事象物事現象出来事余事余所よそ他事他人事人事ひとごと雑事諸事事件時事事柄事故異変大変急変変事大事だいじ大事おおごと小事細事些事世事俗事私事しじ私事わたくしごと用事珍事不祥事アクシデントハプニングセンセーション

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「事物」の解説

【事物】じぶつ

ものごと。〔漢書、律暦志上〕數なるは、一十百千なり。事物を數し、性命の理に順ふ以(ゆゑん)なり。書に曰く、先づ其れ算命せよと。

字通「事」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

七夕

旧暦 7月7日の夜に,天の川(→銀河系)の両岸にある牽牛星(ひこぼし。わし座のα星アルタイル)と織女星(おりひめ。こと座のα星ベガ)が年に一度相会するという伝説に基づいて,星をまつる行事。五節供の一つ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android