コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウロ[川] ドウロ

2件 の用語解説(ドウロ[川]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドウロ[川]【ドウロ】

北部スペイン中央の山地に発し,イベリア半島北部を西流,スペイン・ポルトガルの国境を流れて,オポルト付近で大西洋に注ぐ川。中流の一部のみ航行可能。スペインではドゥエロDuero川と呼ぶ。
→関連項目スペインポルトガル

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドウロ[川]【Rio Douro】

イベリア半島で最大の流域面積(9万8000km2)を有する全長925kmの川。スペインではドゥエロDuero川とよばれる。スペイン北部のウルビオン山(2080m)に源を発し,上流部では古生層の山地を深く刻みながら南東流しているが,ヌマンシア付近から流路を南に,さらにアルマサン付近で西に変え,サモラまで600km,0.8m/kmの傾斜でメセタ北部を緩流する。この間の河岸段丘上は,灌漑地として利用されている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone