コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドウロ[川] ドウロ

百科事典マイペディアの解説

ドウロ[川]【ドウロ】

北部スペイン中央の山地に発し,イベリア半島北部を西流,スペイン・ポルトガルの国境を流れて,オポルト付近で大西洋に注ぐ川。中流の一部のみ航行可能。スペインではドゥエロDuero川と呼ぶ。
→関連項目スペインポルトガル

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ドウロ[川]【Rio Douro】

イベリア半島で最大の流域面積(9万8000km2)を有する全長925kmの川。スペインではドゥエロDuero川とよばれる。スペイン北部のウルビオン山(2080m)に源を発し,上流部では古生層の山地を深く刻みながら南東流しているが,ヌマンシア付近から流路を南に,さらにアルマサン付近で西に変え,サモラまで600km,0.8m/kmの傾斜メセタ北部を緩流する。この間の河岸段丘上は,灌漑地として利用されている。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android