中流(読み)チュウリュウ

  • ちゅうりゅう ‥リウ
  • ちゅうりゅう〔リウ〕
  • ちゅうる

大辞林 第三版の解説

上流と下流との中間。
中位の程度。よくも悪くもない程度。
特に豊かでも貧しくもない生活程度の社会層。 -意識 -家庭 -の人が住んで恥づかしくない様に出来てゐる/三四郎 漱石
律令制の三流さんるの一。中程度の重さの流罪。延喜式では、信濃や伊予などへの配流。 → 遠流おんる近流こんる

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 川の流れのまんなか。川の中ほど。また、上流と下流の中間。ちゅうる。
※菅家文草(900頃)六・重陽侍宴、同賦菊有五美「中流採得甞看後、在々群官紫府仙」
※滑稽本・七偏人(1857‐63)二下「その拍子に船はゆらゆら中流(チウリウ)へゆらめき出れば」 〔史記‐呉起伝〕
② 社会的地位や生活程度が中等の階層。
※当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉六「苟(いやしく)も自立の志ある者は〈略〉まづまづ中流(チウリウ)に置かまく思へり」
③ 中庸を得たもの。〔史記‐礼書〕
〘名〙 (「る」は「流」の呉音)
① 令制で、罪の軽重によって流罪を三つに分けたうちの第二等で、遠流(おんる)より軽く、近流(こんる)より重い刑。信濃や伊予などへの流罪がこれにあたる。
※律(718)賊盗「凡謀叛者絞。已上道者。皆斬。〈略〉子中流」
※太平記(14C後)二二「中流(ル)に舟を失て、一瓢の浪に漂ふらんも、角やと覚へて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

自由放任主義

自由に個人の利益を追求させ,競争させることが社会全体の利益の増進に役立つという主張。 A.スミスは『国富論』において,フェアプレイの原則に基づく自由競争こそ見えざる手による社会の繁栄をもたらすとし,一...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

中流の関連情報