ドニ ラヴァン(英語表記)Denis Lavant

現代外国人名録2016の解説

職業・肩書
俳優

国籍
フランス

生年月日
1961年6月17日

出生地
ヌイイ・シュル・セーヌ

経歴
ブリュッセルの街頭演劇やコンセルヴァトワールなどで演劇を学ぶ。1984年レオス・カラックス監督の処女長編映画「ボーイ・ミーツ・ガール」に起用されたのをきっかけに、「汚れた血」(’86年)、「ポンヌフの恋人」(’91年)に主演。“アレックス3部作”と名付けられ、カラックスの映像的分身といわれ、注目された。2007年ハーモニー・コリンの「ミスター・ロンリー」でチャールズ・チャップリンを演じる。2012年13年ぶりのカラックスの長編映画「ホーリー・モーターズ」に主演。他の出演作に、「レ・ミゼラブル」(1982年)、「傷ついた男」(’83年)、「人生万歳」(’84年)、「遠い日の家族」(’86年)、「ツバル」(’99年)、「赤ずきんの森」(2000年)、「ロング・エンゲージメント」(2004年)、「TOKYO!」(2008年)、「残酷メルヘン 親指トムの冒険」(2011年)など。舞台でも活躍。

出典 日外アソシエーツ「現代外国人名録2016」現代外国人名録2016について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

児童相談所

子供の福祉に関する相談に応じ,援助などを行なう行政機関。児相と略称される。児童福祉法に基づき,都道府県と政令指定都市に設置が義務づけられている。運営は厚生労働省の局長通知,児童相談所運営指針にそって行...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android