コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

赤ずきん あかずきん

百科事典マイペディアの解説

赤ずきん【あかずきん】

ヨーロッパに広く伝わる昔話で,フランスのC.ペローが〈童話集〉に収録。《グリム童話》によって広く知られる。祖母や母に化けた狼が少女をだまして食うが,少女は狼の腹中から救い出される。
→関連項目グリム童話

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あかずきん【赤ずきん】

ヨーロッパで口伝えの昔話で,フランスのC.ペローが〈童話集〉に再話して収めたもの。赤ずきんとよばれる娘が母の言いつけで祖母に菓子を持って行く途中,狼に出会う。祖母のところへ行くのだと娘が言うと,狼は先回りして祖母を食べて殺し,祖母になりすます。道草を食っておそく着いた赤ずきんもその狼に食べられる。 ペローの話はここで終わるが,ドイツの《グリム童話》では,このあと,通りかかった狩人が,眠っている狼の腹を切開し,祖母と赤ずきんを救出する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

赤ずきん
あかずきん
Le petit chaperon rougeフランス語
Rotkppchenドイツ語

フランスの民話をペローが再話して、『がちょうおばさんの話』(1697)に収めたのでよく知られている。おばあさんからもらった、きれいな赤ずきんをかぶった娘が、おばあさんを訪ねて行く途中、オオカミに出会う。オオカミは先におばあさんの家へ行って、おばあさんを食べ、そのベッドに入って、おばあさんになりすまして娘の到着を待ち、娘を食べてしまう。『グリム童話集』(第26番)では、このあと、猟師がオオカミの腹を切り開くと、娘とおばあさんが無事に出てきて、3人でオオカミの腹に石を詰め込み、オオカミは石の重みで死んでしまう、というすじになっている。[小澤俊夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

赤ずきんの関連情報