分身(読み)ぶんしん

精選版 日本国語大辞典「分身」の解説

ぶん‐しん【分身】

〘名〙 (古くは「ふんじん」とも)
① 仏語。仏菩薩が衆生を救済するために身をかち、仮の姿をとってこの世に現われること。また、その現われたもの。化身。権化(ごんげ)
※勝鬘経義疏(611)序「何知如来分身。或是法雲大士」 〔景徳伝燈録‐二七〕
② 一つの身体やものが二つ以上に分かれること。また、その分かれた身体やもの。
※太平記(14C後)一〇「十方に分身して、万卒に同く相当りければ」 〔蘇次韻黄魯直書伯時画王摩詰
③ ②から転じて、子を生むこと。また、その子。
※花柳春話(1878‐79)〈織田純一郎訳〉二七「辛苦を忍んで分身(ブンシン)の日を待たんには」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「分身」の解説

分身
ぶんしん
double; Doppelgänger

自分自身の姿が外界に見える幻覚。自己像幻視 autoscopyともいう。等身大あるいは縮小形で現れ,短時間で消えるが,実在感は確実に残るという。哲学・心理学者 K.ヤスパースは,これを意識の病態としてとらえた。精神病などの症状として現れるほか,ゲーテ『詩と真実』,ドストエフスキー『分身』などにみられるように,文豪の作品にも自己体験として描かれている。二重人格は女性に多く,分身は男性に多く起る。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「分身」の解説

ぶん‐しん【分身】

《古くは「ふんじん」とも》
一つの本体が二つ以上に分かれること。また、その分かれて生じた身。「息子に自分の分身を見出す」
仏・菩薩ぼさつが人々を救うために、仮の姿でこの世に現れること。また、その姿。観音の三十三身など。化身。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「分身」の解説

【分身】ぶんしん

一個の身から分かれ出た人。軾〔黄魯直の、伯時の画く王摩詰に書すに次韻す〕詩 詩人と畫手と 春秋に方(なぞら)ふ る兩(ふたつ)ながら皆是にして 身來りて入りるるを

字通「分」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の分身の言及

【ドッペルゲンガー】より

…ある人と瓜二つの人のこと。ドイツ語圏の〈ドッペルゲンガー(二重身)〉のほか,英米圏では〈ダブルdouble〉,中国では〈離魂〉または〈離魂病〉,日本では〈分身〉〈影法師〉〈影の病〉〈影の煩い〉などの名で,神話,伝説,迷信などに古くから登場し,霊魂が肉体から分離して有形化したものとか,二重身の出現はその人物の死の前兆などと信じられた。たとえば,中国には次のような話がある。…

※「分身」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android