コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドライショック(ドライショク) Dreyschock, Alexander

1件 の用語解説(ドライショック(ドライショク)の意味・用語解説を検索)

ピティナ・ピアノ曲事典(作曲者)の解説

ドライショック(ドライショク)

『左手が得意な大音量ピアニスト
ドライショックは、詩人のハイネによって、ドライ(ドイツ語で3)×ショック(ドイツの数量の単位で60)=180人分の音量を持っているといわれたボヘミア生まれのピアニスト ...続き

出典|(社)全日本ピアノ指導者協会
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ドライショック(ドライショク)の関連キーワードプロコフィエフ得物ピアニストピアニッシモ舘野泉ラヴェル:左手のためのピアノ協奏曲/piano and orchestra(concerto)タネーエフ, セルゲイ・イヴァノヴィチダルベールチェルニー(ツェルニー)レクオーナ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone