数量(読み)すうりょう

精選版 日本国語大辞典 「数量」の意味・読み・例文・類語

すう‐りょう ‥リャウ【数量】

〘名〙 個数分量。かずとかさ。
※清原国賢書写本荘子抄(1530)六「数量不同なれども理同じき也」 〔周礼秋官・職金〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉 「数量」の意味・読み・例文・類語

すう‐りょう〔‐リヤウ〕【数量】

数と量。また、分量。
[類語]かずすう分量ボリューム数値物量容量かさ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通 「数量」の読み・字形・画数・意味

【数量】すうりよう(りやう)

数や分量。〔周礼、夏官、量人〕そ祭祀に、其の從獻脯燔(ほはん)の數量を制(さだ)む。

字通「数」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

今日のキーワード

黄砂

中国のゴビ砂漠などの砂がジェット気流に乗って日本へ飛来したとみられる黄色の砂。西日本に多く,九州西岸では年間 10日ぐらい,東岸では2日ぐらい降る。大陸砂漠の砂嵐の盛んな春に多いが,まれに冬にも起る。...

黄砂の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android