ドライス,K.von(読み)どらいす

世界大百科事典内のドライス,K.vonの言及

【自転車】より

…これまで,二輪車の原理に最初に挑戦し実際に走らせたのは,フランスのシブラックC.de Sivracであり(1790),その自転車はセレリフェールcélérifèreと呼ばれたと信じられてきた。しかし,シブラックは,架空の人物であり,セレリフェールとは,当時大型馬車のことであったことが判明し,最近は,ドイツのドライスKarl von Drais(1785‐1851)をもって自転車の始祖とする説が有力になってきた。ドライスが二輪車を発明したのは1813年といわれ,18年にフランスで特許を得,ドライジーネdraisienneの名で呼ばれた。…

※「ドライス,K.von」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android