コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ミンネザング ミンネザングMinnesang

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ミンネザング
Minnesang

12世紀後半ドイツで宮廷的騎士文化とともに発展した恋愛歌の名称。宮廷叙事詩と並んで中世ドイツを代表する騎士階級の文学。テーマは主として婦人に対する恋愛奉仕,多くは身分の高い女性に対する「高きミンネ (愛) 」 Hohe Minne (→宮廷風恋愛 ) で,女性の身分が低い場合は「低きミンネ」 Niedere Minneと呼ばれた。いずれも自己の体験に基づいた恋愛歌ではない。最盛期はほぼ 1180~1220年頃であるが,その影響は 14世紀頃までみられた。詩人はミンネジンガーと呼ばれた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ミンネザング(〈ドイツ〉Minnesang)

《愛の歌の意》12世紀後半から14世紀にかけて、ドイツの宮廷で栄えた叙情詩トルバドゥールの影響を受け、貴婦人に対する騎士の精神的、献身的愛を歌う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

ミンネザング【Minnesang】

中世高地ドイツ語でミンネは〈愛〉,ザングは〈歌〉の意。ヨーロッパ騎士文化に特有のいわゆる〈宮廷風恋愛〉の文学的かつ音楽的表現形式を,恋愛抒情詩一般と区別して呼ぶ名称であるが,通常ドイツ語圏の現象に限定する。ドイツ文学史の中でミンネザングと呼ばれるものは,脚韻を踏む1節ないし数節から成る詩作品で,12世紀後半から15世紀ころまで,主として王侯貴族の社交の場で娯楽と教化のために歌唱された。ミンネザングの作者はミンネゼンガー(またはミンネジンガー)と呼ばれ,詩人であると同時に作曲家であり演奏家でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ミンネザング【Minnesang】

一二世紀から一四世紀にかけて、ドイツの宮廷で行われた騎士の恋愛歌。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のミンネザングの言及

【ドイツ文学】より

ウェルンヘル・デル・ガルテネーレの《ヘルムブレヒト》のように,身分社会の混乱をそのまま映し出す短い形式への移行が生じたし,またそこに滑稽譚という領域を開拓して風刺文学の草分けとなったのが,シュトリッカーである。
[抒情詩のモティーフ]
 抒情詩ではトルバドゥールの様式を受け継いだミンネザングが成立し,貴婦人への愛の奉仕を最高の理念とする歌が多く作られた。ラインマルReinmar von Hagenauを頂点とする盛時のミンネザングは,この愛を神への愛にまで結びつけようとしたが,一方ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデは身分の低い娘を登場させて世俗の愛をうたい,あるいは政治的発言を織り込んだ格言詩をつくり,ナイトハルト(ロイエンタールの)などにいたると,騎士と農民の間の力関係の混乱がパロディの形をとって農村を舞台にした詩に反映されることになる。…

【ワルター】より

…フォーゲルワイデ(鳥の餌場)という姓が出身の地名に由来する通称であるか,遍歴詩人を示唆する渾名(あだな)であるかも決めがたい。一編の長大なマリア賛歌と約70編のミンネザングのほかに,政治的道徳的時事問題や個人的体験を歌った100余編の格言詩があり,それを手がかりにすると生涯はおよそ1170‐1230年の間と推定される。ウーラントのワルター伝(1822)以来,種々の伝記が書かれてきたが,いずれも作品解釈だけによるものであり,ワルター像にはつねにドイツ文学研究の時代的傾向が反映している。…

※「ミンネザング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ミンネザングの関連キーワードボードマー(Johann Jakob Bodmer、批評家)ワルター・フォン・デル・フォーゲルワイデワルター・フォン・デァ・フォーゲルワイデウォルフラム・フォン・エッシェンバハナイトハルト・フォン・ロイエンタールオスワルト[ウォルケンシュタインの]ハインリヒ・フォン・モールンゲンラインマール・フォン・ハーゲナウハインリヒ・フォン・フェルデケカルミナ・ブラーナマイスタージンガーオーストリア文学タンホイザースイス文学アイゼナハ中世文学工匠歌

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android