コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリッピング dripping

翻訳|dripping

栄養・生化学辞典の解説

ドリッピング

 焼肉をしているとき,肉からしみ出る脂肪

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のドリッピングの言及

【ポロック】より

…初期の作品にはシュルレアリスムやP.ピカソの影響が認められるほか,インディアン美術などアメリカの土着的要素も色濃く含んでいる。1943年にP.グッゲンハイムの〈今世紀美術画廊Art of This Century Gallery〉で初個展を開いたころよりしだいに独自の道を切り開き,40年代半ばから画布を床に敷き,缶に入った絵具を上からたらす技法(ドリッピングdripping)によって,描くという行為の直接性を探求した。以降,画面は大きく,また絵具が画面全体を覆いつくすようになり(オール・オーバーall‐overの絵画),密度がきわめて高く,ある種の抒情性にも富む絵画が生まれる。…

※「ドリッピング」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドリッピングの関連キーワードフランシス(Sam Francis)アクション・ペインティングジャックスン ポロックシュルレアリスムオール・オーバーラインハート抽象表現主義ポロック

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android