偶然性(読み)グウゼンセイ

デジタル大辞泉の解説

ぐうぜん‐せい【偶然性】

予期しないことが起こる要素・性質。
哲学で、
㋐因果系列に含まれない事象が客観的に生起すること。
㋑すべての事象が因果系列の連鎖の中に位置するという決定論の立場から、生起する事象について、その原因がわからず、因果系列に含まれずに生起するように見えること。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

偶然性
ぐうぜんせい
contingency英語
Zuflligkeitドイツ語
contingenceフランス語

常識的には、どうしてそれが生じたかについて十分な理解が得られていない事柄について、「偶然」という概念を使う。「今日、町で、偶然、昔の友人に会った」というふうに。しかし、よく調べてみれば、その日、同じ町角に、当人と友人とがそれぞれ出かけて行ったのには、それぞれ、それなりの理由があったことがわかるかもしれない。この考え方を推し進めていき、「世の中の事柄はすべて、それぞれが成立するための根拠があって成立したものであり、本質的に偶然生じたものは一つもない。偶然な事柄は、人間の無知のために存在するかにみえているにすぎない」とする人もある。また反対に、事柄を、必然的に生じたものと、偶然生じたものとの二つに分ける人もいる。この考え方は、様相論理学、あるいは物事の性質を本質的なものと偶有的なものとに分ける本質主義に通ずる。しかし、様相論理学や本質主義の当否をめぐってはいろいろな議論がある。[吉田夏彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

ぐうぜん‐せい【偶然性】

〘名〙
① 予期しないことが起こる要素、性質。⇔必然性。〔普通術語辞彙(1905)〕
※侏儒の言葉(1923‐27)〈芥川龍之介〉小説「単に事件の発展に偶然性の少ないばかりではない」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

犯人蔵匿罪

罰金以上の刑にあたる犯罪を犯した犯人または拘禁中に逃走した被拘禁者を蔵匿したり,隠避させる罪 (刑法 103) 。蔵匿とは,隠れる場所を提供することによって,隠避とは,逃走資金や変装用具などを提供する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

偶然性の関連情報