コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリナ[川] Drina

1件 の用語解説(ドリナ[川]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ドリナ[川]【Drina】

バルカン半島北西部を流れるサバ川の最も長い支流。南から北に流れ,全長346km。モンテネグロのピバ川とタラ川に源を発し,セルビアボスニアヘルツェゴビナの国境をなして北流,セルビアのボイボディナ自治州のスレムスカ・ラチャでサバ川と合流する。ドリナ川の支流としてはリム川,スーチェスカ川,プラチャ川,ヤーニャ川などがある。流れが速いため,各地に水力発電所がある。ドリナ川流域地方は第1次世界大戦当初の1914年9~11月,オーストリア軍とセルビア軍が激烈な戦いを繰り返した場所であるし,第2次世界大戦に際しては,枢軸軍に対するパルチザン闘争の主要な舞台にもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ドリナ[川]の関連キーワードアナトリアキナバル山佐波川道志川バルカン半島巴爾幹ボルガサビツァ滝留萌川バルカン・ハウンド

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone