ドリナ[川](英語表記)Drina

世界大百科事典 第2版の解説

ドリナ[川]【Drina】

バルカン半島北西部を流れるサバ川の最も長い支流。南から北に流れ,全長346km。モンテネグロのピバ川とタラ川に源を発し,セルビアとボスニア・ヘルツェゴビナの国境をなして北流,セルビアのボイボディナ自治州のスレムスカ・ラチャでサバ川と合流する。ドリナ川の支流としてはリム川,スーチェスカ川,プラチャ川,ヤーニャ川などがある。流れが速いため,各地に水力発電所がある。ドリナ川流域地方は第1次世界大戦当初の1914年9~11月,オーストリア軍とセルビア軍が激烈な戦いを繰り返した場所であるし,第2次世界大戦に際しては,枢軸軍に対するパルチザン闘争の主要な舞台にもなった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android