コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドリナ[川] Drina

世界大百科事典 第2版の解説

ドリナ[川]【Drina】

バルカン半島北西部を流れるサバ川の最も長い支流。南から北に流れ,全長346km。モンテネグロのピバ川とタラ川に源を発し,セルビアとボスニア・ヘルツェゴビナの国境をなして北流,セルビアのボイボディナ自治州のスレムスカ・ラチャでサバ川と合流する。ドリナ川の支流としてはリム川,スーチェスカ川,プラチャ川,ヤーニャ川などがある。流れが速いため,各地に水力発電所がある。ドリナ川流域地方は第1次世界大戦当初の1914年9~11月,オーストリア軍とセルビア軍が激烈な戦いを繰り返した場所であるし,第2次世界大戦に際しては,枢軸軍に対するパルチザン闘争の主要な舞台にもなった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ドリナ[川]の関連キーワードボスニア・ヘルツェゴビナ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android