コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドルガプル Durgapur

大辞林 第三版の解説

ドルガプル【Durgapur】

インド北東部、ダモダル川中流域に位置する都市。製鉄・化学肥料などの工業が発達。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ドルガプル
どるがぷる
Durgapur

インド東部、西ベンガル州中部の新興工業都市。人口49万2996(2001)。1948年以後ダモダル河谷総合開発計画の一拠点として発展した。北インド鉄道、大幹線道路に沿い、炭田に近接し、用水を得やすいことから、国営製鉄・製鋼所、化学薬品工場などが集中する。大幹線道路の西側、ダモダル川との間に工場群、東側に工員住宅街が計画的に配置されている。[村上 誠]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ドルガプルの関連キーワード化学肥料村上

今日のキーワード

処暑

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の7月中 (7月後半) のことで,太陽の黄経が 150°に達した日 (太陽暦の8月 23日か 24日) に始り,白露 (9月8日か9日) の前日までの約 15日間であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android