村上(読み)ムラカミ

デジタル大辞泉の解説

むらかみ【村上】[地名]

新潟県北端の日本海に面する市。もと内藤氏の城下町。村上茶・村上堆朱(ついしゅ)の産地。瀬波(せなみ)温泉磐舟柵(いわふねのさく)古跡がある。平成20年(2008)に荒川町・神林村・朝日村山北町と合併。人口6.6万(2010)。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

むらかみ【村上】

新潟県北部の市。県北の商工業の中心地。1598年、村上氏入封以降、松平氏・内藤氏らの城下町として発展。村上茶や堆朱ついしゆを特産。臥牛山や磐舟柵などがある。

むらかみ【村上】

姓氏の一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

夏至

二十四節気の一つであるが,二至 (夏至,冬至) ,二分 (春分,秋分) の四季の中央におかれた中気。夏至は太陰太陽暦の5月中 (5月の後半) のことで,太陽の黄経が 90°に達した日 (太陽暦の6月 ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

村上の関連情報