コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ダモダル川 ダモダルがわDāmodar

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ダモダル川
ダモダルがわ
Dāmodar

インド北東部を流れる川。チョタナーグプル高原に発し,東南東流してウェストベンガル州に入り,コルカタ (カルカッタ) 南西方でフーグリ川に注ぐ。全長約 590km。かつては夏のモンスーン季にしばしば氾濫し,流路を変え,冬季には広い河床に砂地が露出する典型的な荒れ川であったが,1948年ダモダル川河谷開発公社が設立され,洪水調節,灌漑,発電用などの多目的ダム群の建設が始まった。ティライヤ・ダム,バルパーリ・ダム,マイソン・ダム,ボカーロ・ダム,アイヤール・ダム,コナール・ダム,パンチェットヒル・ダムの七つの主要ダムのほか,ボカーロの大発電所やドゥルガープルの大用水路なども建設。流域にインド最大の炭田地帯をもつ。河谷の開発に伴い炭田開発も進み,シンドリの化学肥料,ドゥルガープルの鉄鋼など大規模な工業地帯がある。炭田地帯とフーグリ川流域のコルカタを中心とする工業地帯を結ぶ 130kmの運河も建設された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ダモダル‐がわ〔‐がは〕【ダモダル川】

Damodar》インド東部を流れ、コルカタの南西でフーグリ川に注ぐ川。流域は石炭雲母などの産地。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ダモダル川
だもだるがわ
Damodar

インド東部、ビハール州、西ベンガル州を流れる川。チョタ・ナーグプル高原に発し、東南東流してコルカタ(カルカッタ)の南西でガンジス川の分流フーグリ川に合流する。全長625キロメートル、流域面積2万2000平方キロメートル。流域はインド最大の石炭産地であり、ボーキサイト、石灰岩、雲母(うんも)などの鉱産資源に恵まれ、古くから工業が発達し、ボカロ、アサンソル、ドルガプルなどの重化学工業都市がある。流域の年降水量は約1200ミリメートルであるが、モンスーンの7~10月に集中するため氾濫(はんらん)を繰り返し大きな被害を与えたため、かつては「悲しみの川」とよばれた。1948年以後ダモダル河谷総合開発計画の実施により、四つの多目的ダムが建設され、灌漑(かんがい)、洪水防止、発電が可能となった。豊富な石炭をもとにボカロ、アサンソルなどに三つの火力発電所を建設、上流には灌漑と土壌保全のために小規模ダムが多数つくられた。また、下流のドルガプルには40万ヘクタールの田畑の灌漑が可能な堰(せき)が建設されるとともに、フーグリ川と炭田地帯を結ぶ長さ120キロメートルの運河が掘削された。[中田 高]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ダモダル川の関連キーワードドゥルガプルダーンバードドルガプルカラグプルアサンソル中田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android